スポンサーリンク

ウォーキングデッドのseason9についてが放送され、今動画配信で見ることができます。

season1から楽しみに見ていた視聴者も多いと言われていますが、このseason9については「つまらない」という意見もあるようなんです。

何やら視聴者が激減だとかつまらないという意見も多数あります。

そこで、ウォーキングデッドseason9の評価やつまらないという意見はほんとうなのか?実際はどうだったのか?ということについてご紹介したいと思います!

ウォーキングデッドSeason9を今すぐ無料で見るなら?

【FOXチャンネル見逃し配信】人気サバイバル・ヒューマンドラマのシーズン9を見たいなら、U-NEXTがおすすめです!

管理人
なぜU-NEXTがおすすめなのか、それはトライアルで30日間が無料だから!

つまらない?とも言われているけれど、なんだかんだで、大人気のサバイバル海外ドラマ「ウォーキングデッドSeason9」については、動画配信で視聴が可能となっています!

U-NEXTに登録すれば、月額料金で見放題作品が何度でも見放題!
しかも、人気雑誌70誌以上が追加料金なしで読み放題!
さらに、毎月もらえる1,200円分のポイントで、最新刊を含む全電子書籍・漫画も購入可能。
月額1,990円ですが、初回限定で31日間まですべての見放題作品が無料で利用できます。

厳しい…ウォーキングデッドのSeason9の視聴率は?

『ウォーキング・デッド』シーズン9が10/8からスタートしたことによって、新たな幕開けを題材に制作陣が気合いを入れたプレミアでした。

新シリーズは、主役のリックが降板をするということで、新たな主役はだれ?そしてストーリーはどのように展開していくのか?など注目が集まっていました。

ただ、ウォーキングデッドのSeason9はつまらないという評価も多く、視聴率はシリーズ初回として過去最低を記録し視聴者数も減少しているということでした。

一体なぜ人気が下降気味なのでしょうか?その理由を探ります。

ウォーキングデッドSeason9がつまらないと思われる理由

ウォーキングデッドSeason9が面白くないと言われている理由について独自で検証をしてみました。

実際、ピーク時の視聴者数は1580万人を超えていたウォーキング・デッドですが、Season9では、700万人近くに落ちてしまうなど、半分以下の数字になっています。

ニーガン登場までのSeason4までは盛り上がりを見せていましたが、その後シリーズとしては視聴率は下がっている様子なのです。

Season8でのカールの死・メインキャラクターの死など

Season9がつまらないと言われている理由に、この主人公の息子役カールの死が原因ではないかと考えられています。

ちなみに私もそう思います…
これまでにも、メインキャラクターが死を持ってこの作品から退場することは珍しくはなかったのですが、Season8では、主役のリックの生きる希望でもある、カールが死亡によって退場することになってしまいます。
高い人気を誇っていたグレンの死についても当時は騒がれましたが、これは原作通り。
ただ、カールの死は原作にはなく、あまりにも突然すぎるラストでした。
これに納得できないファンが居ることは間違いありません。

ストーリーのマンネリ化

ウォーキングデッドはSeason9に入り9年目に突入をしました。

リックたちがサバイバルの途中で敵とめぐりあい、そして戦うストーリーなのですが、正直このストーリーについては、ニーガン編でお腹がいっぱいになってしまったファンも大勢いるのではないかと思います。

そして、Season9は期待されていましたが、当然ながら同じ繰り返しだったので、ゾンビを進化させるべき、そろそろ新たなステージに行くべきではという声が上がっているようです。

ニーガン編はとてもおもしろかったけど、今回の敵は個人的にはあまり強そうではないし惹かれる点が少なかったなぁ…

主人公リック・マギーなどの主役級のキャラクターの不在

先ほどのカールやグレンの死についてももちろんですが、ウォーキングデッドSeason9が発表される前に、主役であるリック役の「アンドリュー・リンカーン」の降板&卒業が発表されました。

このニュースが発表されてから、視聴者数が約400万人減ることが予想されていました。

視聴を止めてしまったファンはこれでたくさんいるのかもしれません。

一方で、新たにファンを取り入れることもできるかも知れませんが、主役級のキャラクターの相次ぐ降板についていくことができない、離れてしまったファンが目立ってしまったのが今回です。

私としてはダリルが活躍してくれるのは嬉しいけれど、今までいたキャラクターがいなくなってしまうのは寂しいのと、物足りなさも感じる。あとは不自然に感じてしまうかな。

敵のボスであるニーガンのパワーダウンと新たな敵のショボさ

シーズン7の第1話でレギュラーキャラだったグレンとエイブラハムを愛用のバット「ルシール」で撲殺するような狂気なキャラクター。それがニーガンで、その存在感と迫力はヤバすぎでした。

ただ、そんなニーガンへの緊張感がシーズン7では漂っていましたので、夢中になる人もいたのだと思います。

ただ、ここに来て、Season9では完全にニーガンがいいおじさんになってしまい、ジュディスと心の交流をし始めることになります。

これからウォーキングデッドのキーマンになる存在かも知れませんが…。

そして、新たな敵については、皮を被った人間“ウィスパラーズ”ですが、リーダーの女は、アルファと名乗り、皮をかぶり移動しながらゾンビと一体になることで、生きていこうとしています。

これが少々ありえなくて、「食料や資源はどうしている?」など疑問が尽きないので、物語に入っていけないなと個人的には思います。

まとめ

視聴率と面白さというのは必ずしも比例をしないのですが、Season9はパワーダウンしている点が多いなと個人的には感じてしまいました。

まだ続きは見ると思いますが、どうしてもつまらないという意見が増えてくるのは仕方がないかも知れません。

主役のリックやマギー、そして不在のカールなど、これらを補うだけのパワーのある魅力的なキャラクターや、今までを打ち破るような面白いストーリーを今後見ていきたいと思っています。

大きく環境が変わっていくウォーキングデッドですが、Season10に関しても楽しみです。

『ウォーキング・デッド』シーズン9も見どころがたくさん!ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事