スポンサーリンク

皆さんは映画配信サブスクを利用しているでしょうか。

今回は利用にあたって月額で支払う金額に対し、そのハードルを下げる為には何をすべきか、一般家庭における視点から意外と削れる経費を考えていきます。

それでは早速、日々の生活の中で削減できる経費を5つご紹介します。

外食経費が削れる

外食をするにあたりサラリーマンの昼食代として平均的には500~1,000円程度が相場となるかと思います。

また、夕食する場合はまた同程度かそれ以上の費用がかかります。

ですがこれをお弁当や自炊に置き換えた際、何を食べるかにも依りますが200~300円程度は費用を抑えられるはずです。

また、マイボトルを持つなど飲料を購入しないことも効果的でしょう。

買い物経費が削れる


最近では大手スーパーなど多くの店舗でレジ袋の有料化が始まりました。

マイバックによりレジ袋を買うことがなければ、買い物一回あたりで削減できる金額は少ないですが月単位にすると大きな差が生じることでしょう。

飲み会の経費が削れる

コロナウィルスの自粛によりオンライン飲み会が広く認知されるようになりました。

飲み会一回あたりにかかる経費は約3,000円程度が平均的なラインですが、自宅でリキュール等を用意しての行う場合は1,000~2,000円程度安い金額で抑えられ、これだけでも映画配信サブスクを利用するには十分な金額となるでしょう。

水道経費が削れる

水道料金に関しては“気を付ける”ことが節約に繋がります。

シャワーを出しっぱなしにしない、トイレの「大」「小」の使い分け、風呂水の洗濯などへの再利用等、細かく考えると様々なシーンで削減に繋がる行動が考えられます。

また、飲料水を購入するより自宅の水道に浄水器を付けるなどで対応することも将来的に削減の助力となるでしょう。

駐車場代が安いところに借りかえると経費が削れる

車を持っている人は駐車場を安い所に借り換えると経費の削減が可能でしょう。

こちらに記載したURL、https://www.tokyo-parking.jpのサイトのように安い駐車場を探しそちらを利用することができれば、大きく削減することができます。

地域的な要因が絡みますが、無視のできない金額になります。

まとめ

今回紹介した5つの他にも削減できる経費は多岐に渡ります。

映画配信サブスクを利用するにあたっては月額で500~2,000円が相場ですが、上記に挙げた削減方法を実践すれば、さほど難しくない金額と言えるでしょう。

特に駐車場経費や飲み会経費に関しては、削減率は比較的高くなるかと存じます。

この機会にぜひ実践し、映画配信サブスクで新たな映画ライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事