スポンサーリンク

社会人なら誰でも共感できるリアリティあふれる物語として話題になったミセン!

2014年の韓国で「ミセンシンドローム」なる言葉まで生まれるほどの社会現象を巻き起こした話題作です!

原作はサラリーマンのバイブルと称されたWeb漫画。

ただ、韓流のドラマでは珍しく復讐や、その他ありがちな記憶喪失など一切なく、ひたすら、サラリーマンたちの悲喜交々の人間模様を描きます。

サラリーマン界のリアルなエピソードが描かれているので、新人、上司、女性などすべての層からの共感を得るドラマになりました。

「太陽を抱く月」などに出演し、俳優業でも注目を集める 9人組ボーイズグループ・ZE:Aのイム・シワンと「ドクター異邦人」のカン・ソラが共演したことでも話題になっています。

タイトルの「未生」とは韓国の囲碁用語で、「死に石ではなく“未生”」つまり一見すると死に石にも見えるけれども、まだ死んではいない石のことです。こちらのドラマを見ましたので、今感想を書いていきたいと思います!

「ミセン」あらすじ
あらすじ
幼い頃から棋士を目指していたチャン・グレ(イム・シワン)は、父の他界を機にその道をあきらめ、大学にも行けず、26歳になってもバイトにあけくれていた。しかし母の伝手で、大手総合商社にインターンとして入社。満足に会社員経験も学歴もないグレはコピーの取り方すらわからず、遅れをとっていたが、同期とチームを組んでのプレゼン発表で合格点を獲得。なんとか2年間の契約社員として入社し、営業3課に配属される。やがて囲碁で培った洞察力を生かして仕事でも微力ながらも課の役に立つようになり、次第に配属先の営業3課のオ課長(イ・ソンミン)やキム代理(キム・デミョン)に認められ、課にはチームワークが生まれつつあった。一方、グレの同期入社の紅一点、アン・ヨンイ(カン・ソラ)はインターンながらも大きな契約を取り付ける優秀な人材だったが、入社後配属された資源課では、男性上司から疎まれ、なかなかまともな仕事を与えられずにいた。

監督
キム・ウォンソク
脚本
チョン・ユンジョン

ミセンは韓国ドラマなのに日本人が共感できるビジネスドラマ

ミセンをこのたび全て見終わりました。ミセンは一言でいうと、日本人にも伝わるビジネスドラマです!

仕事をしていて、つらい思いをしたり、「新入社員ならではのあるある」、「上司への敵対心」、「社内での調整」などで頭を抱えたことがある方は多いと思います。

ミセンはそんな日本人でも共感することができる傑作ドラマです。

韓流ドラマにありがちな「記憶喪失」だったり、「復讐劇」というスパイスはなく、ひたすら社内での攻防劇や主人公がどう成長していくのかを見せつけてくれるドラマです。

スリル満点で、そして泣ける話でもありますし、シリアスシーンもありながら、専門用語が出てきて勉強になる…などとにかく素晴らしいドラマです。

ボーイズグループ「ZE:A」のボーカルをつとめ、「2014MBC演技大賞」授賞式で新人賞を受賞するなど、アイドルと俳優の両方で活躍している主人公は、とても爽やかで、応援をしたくなります。

働くとは何?最悪の上司や先輩へどう向き合うか

最終話を観終わったときは、本当に考えさせられます。

ミセンは、韓国の学歴社会と上下関係の厳しいところはリアルですが、日本とあまりこの辺は大差がありません。

日本も今もなお、学歴社会や上下関係が厳しいところはなくなっていませんし、未だに古き年功序列の会社で悩まされている方も多いと思います。

職場で、最悪の上司や先輩って、どこにいっても絶対にいますよね。仕事内容よりも、イヤな奴とどう付き合っていくかで悩むことが一番しんどいですがこのドラマはそれをとても良く表現しています。

チャン·グレが、目の前のことにただひたすらに頑張る姿は胸にキュンキュン響きますし、囲碁で自身が培ってきたことは、決して無駄にはならないと精神力を作り、一生懸命打ち込む姿は自分も頑張ろう!とガッツをもらえます。

仕事が大変なのは日本も韓国も変わらない…。それがこのドラマを見れば分かるはずですよ。

人格者もしっかりといてキャラが際立つ作品

韓国ドラマは全体的に「人格者」が少ないと評価されることが多いです。

ただ、こちらの作品「ミセン」は人格者が多く出てきます。

ミセンもオ次長、ソン次長、キム代理などは、最初は主役をいじめる、パワハラ上司に思えるのですが、深く付き合い、一緒に仕事をすることで「ポリシーを持って仕事をしている」「人格者」であることがわかり、主人公と打ち解け始めます。

自分もいま業界は違えど会社に勤めている方は、グッと来る場面がたくさんあるのではないでしょうか。

商社マンの話ですが、非常に勉強になる点も多く、日々の仕事に火がつくはずです。

個人的には、オ次長は最初コワモテでとても怖い上司なんだと決めつけていました。

でも、誰よりも後輩思い、とても仕事のできるナイスなキャラで、このオ次長こそ、必要なキャラだったなと思います。

まとめ

ミセンは、以前から名作だとは聞いていたが、胸に響きまくりの内容で目が話せませんでした。

ただ、感動するだけではなく、あからさまに人間の悪いところが露呈しているのだけど、でもちょつとずつ救われていくような、絶妙なドラマでキャストもとても良いです。

まだ鑑賞していない方はぜひチェックしてみてくださいね!

韓国ドラマをとにかくたくさん見るなら!

ミセンは、現在Netflix限定で配信されています。(2019年8月現在)

無料で今すぐ韓国ドラマをたくさん見るなら、【dTV】映画・ドラマ・アニメ・音楽など12万作品が月額500円で見放題!がおすすめです。

dTVは、映画・ドラマ・アニメ・音楽など約12万作品が月額500円(税抜)で見放題の定額制動画配信サービス。

圧倒的なコストパフォーマンスが強みです。初回31日間おためし無料!
※初回31日間の無料おためし期間に退会した場合、利用料金はかかりません。

▼主なジャンル
洋画、邦画、国内ドラマ、海外ドラマ、韓国ドラマ、アニメ、オリジナル、バラエティなど

今すぐ無料で全話31日間で一気に視聴できますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事